プロフィール

カッパ

Author:カッパ
昔は、エリート?サラリーマンでした。今は、こんな仕事をやってます。剥製屋の公式サイトを見てね↓


  
魚剥製RSクリエイト公式サイト



熱帯魚・観賞魚専用サイトもあります。 

リンク


最新の記事
カテゴリー
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
押し紙問題 vs 天声人語
実際には配られない新聞が大量に販売店に押しつけられているとされる、いわゆる「押し紙問題」をめぐり、新たな波紋が広がっているらしい。新聞業界最大のタブー? 週刊新潮が「押し紙」特集記事
 新聞各社はいずれも『押し紙なんかやってない!』と否定しているようだが、はたして真偽のほどは・・・・?

ところで、『博士の独り言』というブログを見ていたら、天声人語風メーカーというおもしろそうなソフトが紹介されていたので、それを使ってちょっと遊んでみた。

題材: 押し紙問題
ソフトに入力する言葉は以下の4行が全て。
A:朝日新聞社の主張: 『押し紙云々の調査結果は実態と異なり、まったく信用できない』
A社の欠点 : 『捏造記事や偏向報道で世論を煽る傾向がある』
B:週間新潮の主張:『異論があるなら、公の場で堂々と決着を着けるべきである』
B社の欠点 : 『時々勇み足をすることがある』

第一ラウンド (Aを攻撃、Bを擁護した場合の出力結果)
『変声人語-その1』 
-----------------------
 朝日新聞は押し紙云々の調査結果は実態と異なり、まったく信用できないと抗議している。しかしちょっと待って欲しい。押し紙云々の調査結果は実態と異なり、まったく信用できないと主張するには早計に過ぎないか。朝日新聞の真摯な姿勢が、今ひとつ伝わってこない。例えば週間新潮からは異論があるなら、公の場で堂々と決着を着けるべきだとの声もある。このような声に朝日新聞は謙虚に耳を傾けるべきではないか。
 思い出してほしい、過去にも何度も朝日新聞は週間新潮の叫びを無視している。朝日新聞は週間新潮の異論があるなら、公の場で堂々と決着を着けるべきであるという主張を間違いであるかのような発言をして、批判を浴びた。確かに週間新潮には時々勇み足をすることがあるという問題もある。だが、心配のしすぎではないか。
 朝日新聞の主張は一見一理あるように聞こえる。しかし、だからといって本当に朝日新聞は押し紙云々の調査結果は実態と異なり、まったく信用できないと主張できるのであろうか?それはいかがなものか。的はずれというほかない。
 事の本質はそうではではない。その前にすべきことがあるのではないか。朝日新聞は、未来を担う一員として責任があることを忘れてはならない。朝日新聞の主張には危険なにおいがする。各方面の声に耳を傾けてほしい。
 朝日新聞に疑問を抱くのは私達だけだろうか。押し紙云々の調査結果は実態と異なり、まったく信用できないと抗議したことに対しては週間新潮の反発が予想される。異論があるなら、公の場で堂々と決着を着けるべきだという主張を支持する声も聞かれなくもない。
 朝日新聞もそれは望んでいないはず。しかも朝日新聞は捏造記事や偏向報道で世論を煽る傾向がみられる。押し紙云々の調査結果は実態と異なり、まったく信用できないと主張する事はあまりに乱暴だ。朝日新聞は再考すべきだろう。繰り返すが朝日新聞は捏造記事や偏向報道で世論を煽る傾向があるのである。
 朝日新聞の押し紙云々の調査結果は実態と異なり、まったく信用できないと抗議したことは波紋を広げそうだ。今こそ冷静な議論が求められる。


第二ラウンド (Bを攻撃、Aを擁護した場合の出力結果)
『変声人語-その2』 
------------------------
 週間新潮は異論があるなら、公の場で堂々と決着を着けるべきであると主張している。しかしちょっと待って欲しい。異論があるなら、公の場で堂々と決着を着けるべきであると主張するには早計に過ぎないか。週間新潮の真摯な姿勢が、今ひとつ伝わってこない。例えば朝日新聞からは押し紙云々の調査結果は実態と異なり、まったく信用できないとの声もある。このような声に週間新潮は謙虚に耳を傾けるべきではないか。
 思い出してほしい、過去にも何度も週間新潮は朝日新聞の叫びを無視している。週間新潮は朝日新聞の押し紙云々の調査結果は実態と異なり、まったく信用できないという主張を間違いであるかのような発言をして、批判を浴びた。確かに朝日新聞には捏造記事や偏向報道で世論を煽る傾向があるという問題もある。だが、心配のしすぎではないか。
 週間新潮の主張は一見一理あるように聞こえる。しかし、だからといって本当に週間新潮は異論があるなら、公の場で堂々と決着を着けるべきであると主張できるのであろうか?それはいかがなものか。的はずれというほかない。
 事の本質はそうではではない。その前にすべきことがあるのではないか。週間新潮は、未来を担う一員として責任があることを忘れてはならない。週間新潮の主張には危険なにおいがする。各方面の声に耳を傾けてほしい。
 週間新潮に疑問を抱くのは私達だけだろうか。異論があるなら、公の場で堂々と決着を着けるべきであると主張したことに対しては朝日新聞の反発が予想される。押し紙云々の調査結果は実態と異なり、まったく信用できないという抗議を支持する声も聞かれなくもない。
 週間新潮もそれは望んでいないはず。しかも週間新潮は時々勇み足をすることがある。異論があるなら、公の場で堂々と決着を着けるべきであると主張する事はあまりに乱暴だ。週間新潮は再考すべきだろう。繰り返すが週間新潮は時々勇み足をすることがあるのである。
 週間新潮の異論があるなら、公の場で堂々と決着を着けるべきであると主張したことは波紋を広げそうだ。今こそ冷静な議論が求められる。

・・・若干無理がありますが、どちらも、天声人語っぽい文章になるので笑えます。
しかしながら、今回は週間新潮を勝たせてあげたいな~。

2009.06.06 Sat | マスコミに喝! | T:0 | C:0
あのトカゲは今?
またまたトカゲを発見。
気温が上がって来たので、結構動きが活発です。
P1000742.jpg


この顔、このポーズ、どこかで見覚えがあるぞ。
P1000743.jpg


そうです。この前の尻尾の切れたトカゲです。
まだ再生の痕跡は残っていますが、長さはほぼ元通りになりました。
P1000738.jpg


2009.05.23 Sat | 生き物の写真 | T:0 | C:0
トカゲの尻尾再生
先日のトカゲに尻尾が生えてきました。
P1000666.jpg

再生シッポの拡大写真です。牛の角みたいです。
P1000667.jpg

それにしても、この子の生息場所はどこだ? 緑のない、ひどく殺風景な所だ。まるで、火星のようだ。
撮影した自分でも一瞬分からなくなってしまったが、よくよく見たら、先日とほとんど同じ場所でした。
ブロックで囲った花壇のコンクリート(自作なのででこぼこが激しい)の上でひなたぼっこをしているのだ。。
P1000668.jpg



2009.04.29 Wed | 生き物の写真 | T:0 | C:2
庭に住み着いているトカゲ
今年も暖かくなってきたので、出てきました。
ブロック塀の上で、何やらくわえています。でも、何故か尻尾が切れています。
いきなり出てくるとゾゾッとしますが、よく見ると結構可愛いもんです。
P1000663.jpg


しばらくして、見に行ったらまだほとんど同じ姿勢でした。
くわえているのはヨトウムシという害虫のようです。こういう物を食べてくれるとありがたいです。
頑張って、花壇の害虫を退治してくれ!
P1000664.jpg


おまけの写真。赤いバラ。
我ながら、芸術的に撮れたかなと思って掲載しました。
赤いバラ


2009.04.21 Tue | 生き物の写真 | T:0 | C:0
木製物置小屋の自作-その2
引き続き、物置小屋を建築中。

雨が上がったので、いいいよ屋根張り開始。



窓も取り付け、棚も取り付け、内装も完了した。
収納力は抜群。なんでもガバガバと飲み込んでくれる。
cab002.jpg


後かたづけも終わり、ついに完成!
cab003.jpg


メルヘン調の出来映えに満足しつつ、夜も余韻に浸ってみた。
中からシンデレラでも出てきそう、と近所のオバサンが言っていた。
cab004.jpg

屋根を作製するときは女房や息子にちょっとだけ手伝ってもらったが、それ以外はほとんど一人で作ってしまった。総所用日数は約1週間。我ながらよく作ったもんだ。


2009.03.15 Sun | 物作り | T:0 | C:4
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。