プロフィール

カッパ

Author:カッパ
昔は、エリート?サラリーマンでした。今は、こんな仕事をやってます。剥製屋の公式サイトを見てね↓


  
魚剥製RSクリエイト公式サイト



熱帯魚・観賞魚専用サイトもあります。 

リンク


最新の記事
カテゴリー
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
井戸の話
 私が子供の頃、我が家にはつるべ井戸があった。夏は、この中にスイカをひもで吊して、冷やして食べたもんだ(塩の代わりに重曹を付けても美味い)。

 少し大きくなった頃は、手こぎポンプの井戸に代わった。「ガチャコンガチャコン」、と漕ぐやつだった。やはり、夏、外の遊びから帰ってきて、「かーちゃん、のどが乾いた。ジュースを飲ませてくれ」というと、「ジュースなんかねー。鉄管ビールでも飲んでろ!」といって、井戸水をくれた。

 都会の人は、「やはり田舎の水はうまい」と褒めていたが、当時の私には、水はやはり水であり、うまくもなんともなかった。

 とにかく、きれいな水はふんだんにあり、しかも、ただだった。今のように、上下水道代は取られていなかったのだ。そんな、時代でも、我が家の風呂は2日に1回、「立て替えし」という日を設けていた。古い水を半分捨て、その上に新しい水を半分加えて風呂を沸かす。

 大家族だったので、相当汚れていたと思うが、当時、我が故郷ではそうしていた。本能的に資源を大切にする感覚が備わっていたのだ。

 最近、ふと気づいたが、子供達も巣立ち、夫婦2人の家庭では、風呂水はそんなに汚れないのだ。そうだ、我が家も「立て替えし」の日を造ろう。資源を大切にせねば!

以上、我が家の風呂当番の言い訳でした。

スポンサーサイト
2006.05.29 Mon | 古井戸の話 | T:0 | C:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。